VIO脱毛

VIO脱毛

デリケートゾーンの脱毛のことを「VIO脱毛」や「ハイジニーナ脱毛」と呼びます。
「ハイジニーナ脱毛」とは、一般的にはアンダーヘアを全部処理して無毛の状態にすることを言いますが、脱毛サロンでは一部の毛だけをなくしたり、薄くしたりすることができます。
以前は一部の女性しかやっていなかったアンダーヘアの処理ですが、最近では当たり前になってきています。
モデルや芸能人も、アンダーヘアの脱毛をしていることを公言する人が出てきたことから、ますます脱毛する女性が増えてきています。

 

VIOってどこ?

「Vライン」「Iライン」「Oライン」と呼ばれるデリケートゾーンですが、具体的にはどの部分なのかご説明します。

 

・Vライン
vv
正面から見える逆三角形の部分です。
下着や水着からはみ出てしまうと恥ずかしいので、処理する女性がほとんどです。

 

・Iライン
vv
陰部の両サイドです。
処理することでムレや臭いを抑えることができます。

 

・Oライン
vv
肛門まわりです。
自分では確認しづらく、自己処理も難しいので、プロに任せるのがおすすめです。

 

VIO脱毛のメリット

水着や下着姿に自信が持てる

アンダーヘアを処理することで、着れる水着や下着のバリエーションが広がり、毛のはみ出しも気にせずに自信をもって着ることができます。

 

臭いやムレを抑えて清潔

ムダ毛によって蒸れやすくなり、雑菌が繁殖し、臭いの原因になります。
処理することで、臭いが抑えられ、衛生的に保つことができます。

 

生理中も快適

生理中は特に蒸れやすく、経血が毛に付着して臭いの元になります。
脱毛することで生理中の不快感もなくなります。

 

自己処理による肌トラブル解消

デリケートゾーンの肌は皮膚が薄くて、とても敏感です。
自己処理によって埋没毛や黒ずみが起きやすい部分なので、脱毛することで、これらを防ぎ肌トラブルが解消されます。

 

VIO脱毛って痛いの?

VIO脱毛は一般的に他の部位に比べて痛みが強いと言われています。
痛みが怖いから脱毛したくないと思っている方もいるかもしれません。
実際のところ、痛いのでしょうか?
痛みの感じ方には個人差がありますが、脱毛方法によって痛みの強さが違います。
クリニックなどの医療レーザー脱毛は痛みが強いと言われています。
一方、脱毛サロンなどの光脱毛は「少し熱く感じた」「ゴムでパチンとはじかれたような痛みだった」という意見が多く聞かれます。
中には「全く痛くなかった」という人もいるようです。
光脱毛は痛みを感じても我慢できるくらいの痛みだったという意見が多いようです。
光脱毛の中でもミュゼや脱毛ラボなどで採用しているSSC方式の脱毛の方が痛みが少ないと言われています。

 

 

 

 

 

 

目次