脱毛サロン 群馬

毛周期と脱毛の関係について

毛が生まれてから抜けるまでのサイクルを「毛周期」といいます。
この毛周期は「成長期(初期・後期)」「退行期」「休止期」というサイクルで毛が生え変わっています。
vv
「成長期」は毛が新しく生まれて、皮膚の表面から出て伸びてくる期間。
「退行期」は毛の成長が止まって抜け落ちるまでの期間です。
「休止期」には、毛が自然に抜け落ちます。
肌の表面に見えている状態の毛は、「成長期後期」で皮膚の外に伸びてきた毛と「退行期」の毛です。

 

この毛周期のサイクルは人によっても、体の部位によって異なり、成長のスピードや次に生えてくるまでの期間が違います。
また、同じ部位でも成長期の毛もあれば休止期の毛もあるので、肌の表面に見えている毛は、一部でしかないのです。

 

レーザー脱毛や光脱毛で脱毛効果が出るのは成長期後期の毛だけで、全体の約1/3ぐらいといわれています。?
この毛周期に合わせて、だいたい2ヶ月〜3ヶ月に1回くらいのペースで脱毛すると効率よく脱毛できます。
脱毛して最初のうちは、毛が抜けてもまた次の毛が生えてくるので、あまり見た目にも変化が感じられないかもしれません。
だいたい6回ぐらいで効果が実感できるようになり、12〜18回くらいで自己処理が必要なくなるぐらいのレベルになります。

目次